疾患研究

疾患研究

次世代シーケンシング時代の疾患研究

man.png

   飛躍的に発展してきた次世代シーケンシング技術は、ゲノミクス研究を大いに発展させ、近代医療を開拓し始めました。

   国際HapMap計画・ゲノム1,000人計画などのプロジェクトでは、大量の疾患に関わる遺伝子変異が検出されました。一方で、未解決の問題も山積しています。BGIは疾患遺伝を網羅的に解明し、個人ゲノムに応じた治療法を開発するという目標を実現するため、次世代シーケンシングとバイオインフォマティクス技術を総合的に活用しています。これらの技術により、初めてゲノミクス・エピジェネティクス・経路解析等を含む疾患研究が可能となりました。

   お客様のご要望に応じ、全エキソーム・全ゲノム・ゲノムワイド関連解析・メタゲノミクス・単細胞シーケンシングといったサービスを提供致します。