バイオインフォマティクステクノロジー

9299174780_wTRkR.jpg

ヒトゲノムのSV分布を示した環状遺伝子地図

次世代シーケンシング技術の急速な発展とともに、より低コスト・高品質なハイスループットが可能となりました。

BGIはご要望に合わせ、アセンブリー・マッピング・アノテーション・進化&比較ゲノミクスなどのバイオインフォマティクス解析を行なっています。

 

バイオインフォマティクス解析:

  • アセンブリ: ショートリードをアセンブルし、元の長い塩基配列を再構築します。
  • マッピング: 新規配列と参照配列を比較して変異を検出し、発現差異を解析します。
  • アノテーション: 塩基配列データに、遺伝子情報や機能情報の注釈をつけます。
  • 進化&比較ゲノミクス: 異なる生物間のゲノム構造を比較して系統樹を作成し、進化の関係や進化過程を推察します。