エピジェネティックス

エピジェネティックス解析は、DNA配列に依存せず遺伝子活性及び発現調節の変動に関する研究であり、全ゲノムにわたるエピジェネティクス変化の解析を行います。エピジェネティクスはDNA高次構造、遺伝子発現を調節するヒストン修飾及びDNAメチル化を含みます。

 

Epigenetic-mechanisms.jpg

Epigenomic mechanism

 

エピジェネティックスシーケンス解析サービス

DNBseq™(元BGISEQシリーズ)による全ゲノムバイサルファイトシ-ケンス(WGBS)解析

全ゲノムBisulfiteメチル化解析: Bisulfiteによるメチル化シトシンからウラシルへの変換に基づくDNAメチル化解析

ターゲット領域bisulfite メチル化解析ターゲット領域bisulfite メチル化解析は特殊キットを利用し、全ゲノム範囲で特定領域をキャプチャーし、bisulfite シーケンシングを組み合わせることで、ターゲット領域でのC塩基のメチル化レベルを解析する方法です。

Reduced Representation Bisulfite Sequencing (RRBS)DNAメチル化解析手法の一つとして、CpG -rich領域を中心に、メチル化を1塩基の解像度で検出し、大量のサンプルをより少量データでの解析

MeDiP-seq解析メチル化シトシンの免疫沈降に基づくゲノムワイドなDNAメチル化分析

DNBseq™(元BGISEQシリーズ)によるChIP-seq解析DNA関連タンパク質の結合部位の同定

ChIP-seq 解析クロマチン免疫沈降法(ChIP)は生体内のタンパク質とDNAとの相互作用を研究する手法であり、ヒストン修飾と特異転写因子の遺伝子発現制御作用などの分野で広く使われます。